SHARE

グリーンリボン・チャリティーウォッチグリーンリボン・チャリティーウォッチ

誰かのために、願いを込めて。みんなで意思表示の輪を広げよう。

グリーンリボンキャンペーン_メッセージ
グリーンリボンは、世界的な移植医療のシンボルです。
グリーンは成長と新しいいのちを意味し、
“Gift of life”(いのちの贈りもの)によって結ばれた
臓器提供者(ドナー)と移植が必要な患者さん(レシピエント)の
いのちのつながりを表現しています。
(公社)日本臓器移植ネットワークをはじめとする関連団体では、
より多くの人に移植医療について理解してもらうため、
毎年10月の臓器移植普及推進月間を中心に、
グリーンリボンキャンペーンを展開しています。
臓器を提供してもいいという人と移植を受けたい人が結ばれ、
よりたくさんのいのちが救われる社会を目指しています。

ドイツ・ベルリン発のペーパーウォッチ“Pappwatch”とコラボレーションした「グリーンリボン・チャリティーウォッチ」。
さまざまなクリエーターの方などがデザインに参加しました。
1人でも多くの人が臓器提供の意思表示について考えるキッカケになることを願っています。

make a donation 売り上げの一部を移植医療の普及活動に対して寄付します。

MADE IN GERMANY

ドイツ・ベルリン発のアート・プロダクトブランド「アイ・ライク・ペーパー」によるペーパーウォッチ “Pappwatch”。
アメリカ・デュポン社が開発した不織布「タイベック®」を使った、軽さと高い耐久性を備えたアイテムで、ヨーロッパを中心に人気を博しています。

写真に撮ってアップ!それだけで、社会貢献。
#グリーンリボンウォッチ