グリーンリボンキャンペーンとは…

意思表示の方法

YESでもいい。NOでもいい。あなたの意思を表示しよう。

意思表示の方法が選べます

臓器提供についての意思表示には、下記の4つの方法があります。
いずれかの方法で書面による意思表示をしておくことが大切です。

1健康保険証

保険証の発行団体によって意思表示欄のある保険証を発行する時期にばらつきがあるものの、裏面に臓器提供の意思表示欄が設置される取り組みが進んでいます。自分のものを確認し、意思表示欄があればなるべく意思を表示しましょう。
(記入は任意です)

健康保険証
拡大
2運転免許証

平成22年秋以降に発行された運転免許証の裏面には、臓器提供の意思表示欄があります。自分のものを確認し、意思表示欄があればなるべく意思を表示しましょう。
(記入は任意です)

運転免許証
拡大
3意思表示カード

全国の都道府県市区町村役場窓口、保健所、運転免許試験場(センター)、ハローワーク、年金事務所、一部コンビニエンスストア・スーパーなどに設置されています。今までのカード等も有効ですが、なるべく法改正後に発行された新しい意思表示カード等に書き直しましょう。

意思表示カード
拡大
4インターネット

パソコンや携帯電話から日本臓器移植ネットワークのホームページ・モバイルサイトにアクセスし、臓器提供に関する意思を登録できます。インターネットで登録をすると、ID入りの登録カードが発行(自宅へ郵送)されます。臓器提供時には検索が行われ、本人の意思をより確実に確認することができます。

  • JOT 日本臓器移植ネットワーク
  • モバイルサイトはコチラ

    モバイルサイト
拡大

意思表示欄のない
健康保険証や運転免許証を
お持ちの方はシールで
意思表示ができます。

〈 シールの貼付方法 〉 自分の意思に合うシールを選んで記入し、健康保険証や運転免許証の裏面の備考欄以外の欄に貼ります。健康保険証や運転免許証の発行窓口にお問い合せください。

意思表示シール

意思の選択ができます。

健康保険証や運転免許証の意思表示欄、意思表示カード、インターネットの
意思登録ページでは、「臓器を提供する」という意思だけではなく、
「臓器を提供しない」という意思も表示できるようになっており、
どちらの意思も尊重されます。また提供したくない臓器があれば、
その意思を表示することもできます。

具体的には?こんな風に意思表示

Step 1 自分の意思に合うものを選択

  • 提供する

    脳死後及び心臓が停止した
    死後に臓器を提供してもいい。

  • 心臓が停止した
    死後は提供する

    脳死後での臓器提供はしたくないが、心臓が停止した死後は臓器を提供してもいい。(この場合、法律に基づく脳死判定を受けることはありません。)

  • 提供しない

    臓器を提供したくない。

Step 2 提供したくない臓器を選択

  • 脳死後に提供できる臓器

    心臓・肺・肝臓・腎臓・膵臓・小腸・眼球(角膜)

  • 心臓が停止した後に提供できる臓器

    腎臓・膵臓・眼球(角膜)

Step 3 特記欄にその他組織の提供と、親族優先提供の意思表示も可

  • 親族優先提供の意思表示も可
  • 皮膚・心臓弁・血管・骨などの組織も提供してもいい方は、特記欄で「すべて」あるいは、「皮膚」、「心臓弁」、「血管」、「骨」などと記入できます。また親族優先提供の意思を表示したい方は、要件や留意事項を読んだ上で「親族優先」と記入できます。

Step 4 本人の署名及び署名年月日を自筆

  • 可能であれば、この意思表示カードを持っていることを知っている家族が、そのことの確認のために署名してください。
  • 臓器提供意思表示カード
pc

意思表示(または意思登録)したあとに意思が変わった場合も、新しい意思表示カードに書き換えれば、その内容があなたの意思表示になります。また、インターネットによる意思登録では、本登録完了後にいつでも日本臓器移植ネットワークのホームページから内容の確認や変更、削除ができます。

意思表示は、なぜ大切?

  • 改正臓器移植法の施行により本人の意思が不明な場合でも、家族の承諾で臓器提供ができるようになりましたが、本人の意思を尊重するためにも、健康保険証や運転免許証、意思表示カード、インターネットで意思を表示し、家族と共有することが大切です。また、臓器を提供しないという意思表示がある場合には、本人の意思が尊重されるため、家族が提供を希望しても提供されることはありません。臓器を提供する、提供しないにかかわらず、ひとりでも多くの人が意思を表示し、一人ひとりの意思がしっかり尊重されながら移植医療が発展していくことが望まれます。
  • 臓器提供意思表示カード

さらに詳しい内容は、こちらよりご覧いただけます。