グリーンリボンキャンペーンとは…

臓器移植の基礎知識

臓器移植について

臓器移植は、病気や事故によって臓器(心臓や肝臓など)が機能しなくなった場合に、人の健康な臓器を移植して、機能を回復させる医療です。健康な家族からの肺・肝臓・腎臓などの部分提供による生体移植と亡くなられた人(脳死後または心臓が停止した死後)からの臓器提供による移植があります。移植できる臓器は、心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸及び眼球(角膜)です。もしものとき、誰かの命を救うことができるかもしれないし、助けてもらうかもしれない。わたしたち一人ひとりが、今、臓器提供について考え、家族と話し合い、自分の臓器提供に関する意思を表示しておくことが大切です。

※臓器提供の意思表示は、「提供する」という意思だけでなく、「提供しない」という意思も等しく尊重されます。

移植を必要としている患者さんはどれくらいいるの?

わたしたちの身体は、心臓、肺、肝臓、腎臓などのさまざまな臓器がきちんと機能して健康を保っています。しかし、病気や事故によって臓器の機能が低下したり、臓器不全に苦しんでいる患者さんが数多くいます。臓器不全の患者さんで、移植による健康回復に望みを持ち、日本臓器移植ネットワークに登録して待機している人は約1万3千人います。また、角膜移植を希望して待機している人は約3千人います。死後の提供によって移植を受ける人は年間約300人程度(眼球を除く)です。

ネットワーク及びアイバンクに登録できる移植希望臓器と主な病気 ひとりの提供が数人の命につながります!

臓器提供には本人や家族の意思が大切なんだ。

臓器を提供するという意思は、15歳以上の人が書面で表示することができます。提供したくないという意思は、15歳未満の人でも書面でなくても表示することができます。脳死後及び心臓が停止した死後のいずれでも、ご本人の意思が不明な場合(15歳未満を含む)、ご家族の承諾があれば提供できますが、日頃から臓器提供について考え、家族と話し合い伝え合っておくことが大切です。

〈 臓器提供までの流れ 〉

  • 移植コーディネーター
    による説明
    臓器提供を希望するご本人の意思表示があるか、又はご本人の意思が不明な場合で、ご家族が臓器提供について説明を聴くことを希望するときには、主治医などからの連絡を受けて移植コーディネーターが病院を訪れ、説明を行います。
  • 家族の意思決定
    説明を聴きたくないと思われた時は、いつでも断ることができます。移植コーディネーターから説明を受けた後、十分に話し合いをして臓器を提供するかどうかをご家族の総意として決めます。
  • 脳死判定
    (脳死後の提供時のみ)
    臓器提供が決まれば、脳死判定が行われます。脳死判定は法に基づいた厳格な方法です。2回目の脳死判定が終了した時刻が死亡時刻となります。家族が希望すれば脳死判定に立ち会うこともできます。

    ※心臓が停止した死後の腎臓・眼球などの提供では法的脳死判定は必要ありません。
  • 移植を受ける
    患者さんの選択
    移植を希望する人は日本臓器移植ネットワークに登録されています。提供される臓器が最も適した患者さん(レシピエント)に移植されるように医学的な基準に従って公平に選ばれます。
  • 臓器の摘出と搬送
    レシピエントが選ばれると、提供する臓器の摘出手術が行われます。摘出された臓器は、移植手術を行う施設に迅速に運ばれて移植を待つ患者さんに移植されます。

脳死ってどんな状態ですか?

A.脳死とは、脳全体の働きが無くなり、人工呼吸器などの助けがなければ心臓が停止してしまう状態です。脳死になると、どんな治療をしても回復することはなく、心停止に至ります(心停止までに、長期間を要する例も報告されています)。脳幹の機能が残っていて自分で呼吸できることが多く、回復の可能性がある植物状態とは全く別のものです。臓器移植法に基づく脳死判定は、脳死後に臓器提供を行う場合に実施します。

臓器は誰でも提供できますか?年齢の上限はありますか?

A.意思を表示することには、年齢の上限はありません。高齢の方でも病気で薬を飲んでいる場合でもどなたでも記入していただけます。 ただし、がんや全身性の感染症で亡くなられた場合に臓器提供できない場合があり、実際の臓器提供時に医学的検査をして判断します。これまで0~70歳代の方からの臓器提供が行われています。

臓器はどこの病院でも提供できるのですか?

A.脳死での提供は、『「臓器の移植に関する法律」の運用に関する指針(ガイドライン)』により大学附属病院と日本救急医学会の指導医指定施設、日本脳神経外科学会の基幹施設又は研修施設、救命救急センターとして認定された施設、日本小児総合医療施設協議会の会員施設の約850病院に限られています。心臓が停止した死後の腎臓提供などは、手術室がある病院ならどこでもできます。ただし18歳未満の提供の場合は、虐待が行われた疑いのある児童からの臓器提供を行わないために必要な体制が整備されていなくてはいけません。

提供後のからだはどうなりますか?

A.入院している病院で、数時間(3~5時間)の摘出手術をした後にご家族の元に戻ります。臓器を摘出するための傷ができますが、きれいに縫い合わせて、清潔なガーゼで覆い、外から見ても傷がわからないようにします。 また眼球提供の際は、義眼を入れますので顔はほとんど変わりません。

どのような方法で移植の候補者が選ばれますか。

A.臓器によって異なりますが、一定の決められた基準により、コンピュータで選ばれます。

臓器移植を受けた方は、どこまで健康になりますか?

A.人によって違いますが、移植したあと、いろいろな薬で拒絶反応や感染症に対処できれば、健康な人とほぼ変わらない生活を送ることができます。

提供する時に費用の負担や謝礼はありますか?

A.あくまでも善意に基づく無償の提供ですので、臓器提供者の方には提供に関する費用は一切かかりません。また、葬儀の費用や謝礼が支払われることもありません。
臓器を提供した場合、厚生労働大臣から感謝状が贈られます。

親族に提供したい場合、どうしたらよいですか?

A.インターネットで親族優先提供の意思を登録するか、意思表示カード・シール、健康保険証や運転免許証の意思表示欄に、臓器を提供する意思(1か2に○)に併せて書面により「親族優先」と表示しておくことが必要です。「○○さんにしか提供したくない」という、提供先を限定する意思表示があった場合には、親族の方も含め、臓器提供が行われません。厳しい条件がありますので、必ず条件を確認してから記載してください。
要件等詳細は、日本臓器移植ネットワークのホームページ等でご確認のうえ、記入してください。

意思表示カードや健康保険証、運転免許証裏面に
意思を記入した後、どこかに提出する必要はありますか?

A.平成22年7月17日より新しい制度に変わり、意思表示カードの内容も変わりました。なるべく新しいカードに書き直して、家族にも自分の意思を伝えておきましょう。臓器を提供する書面による意思表示は15歳以上が有効ですが、提供しない意思は15歳未満でも有効です。

インターネットでの意思表示(登録)も必要ですか?

A.本人の意思をより確実に確認するためにも特に親族優先提供を希望する方、臓器提供しない意思の方は、インターネットでの登録をおすすめします。意思を登録すると、ID入り登録カードが郵送されます。変更や削除は、いつでも可能です。