SHARE

緑色音楽 - RYOKU SHOKU ON GAKU -

ストーリー STORY

浪人生の風呂田潤の家は歯科医院で地方都市にある。風邪で歯科医大の受験に失敗し予備校の特待生となった彼であったが、この夏は欠席を続け部屋でネットゲームばかりしているひきこもり生活を送っていた。潤は決められた道を歩むことに疑問を感じていたのだった。

歯科医だった父は潤が2歳の時に死去した。現在は母と祖父、そして海外から帰国した叔父の久が歯科医師として家が継がれている。

ある日、潤は父の遺品の中から見つけた手紙で、父が臓器提供者であったことを知る。手紙は提供を受けた7人の患者からの感謝の内容だった。それは家族の間で潤だけには秘密とされてきた。大事なことなので大人になったら話すと。

予備校の講師達や潤の後輩の女子高生ななが心配して潤の部屋を訪れるが、懐疑的な潤は彼らをぞんざいに扱う。

家族にもイラ立つ潤はしかし、ほとんど記憶にない父の、臓器提供とは何だったのかを考え始める。

キャスト CAST

  • Jun Furota

    主人公。大学受験の失敗から引きこもり生活を送る。父親の遺品から臓器提供者であった事実を知り、周りと衝突しながらも、本当の自分の気持ちを手探りで確かめ始める。

    村上虹郎

    2014年、映画『2つ目の窓』(河瀨直美監督)にて、デビュー。第29回高崎映画祭 最優秀新人男優賞など受賞多数。

  • Mieko Furota

    潤の母。潤が幼い頃に夫を亡くす。夫が臓器提供した事実を潤に伝えられないまま月日が経ってしまった。未だそのことに悩んでいる。

    工藤夕貴

    日本のみならず米映画界へも進出。「ミステリートレイン」、「‪ヒマラヤ杉に降る雪‬」では、ハリウッド作品にて主演を務めた。他作品でも各国映画祭にて受賞作多数。国際派女優としても知られる。

  • Takeshi Furota

    潤の祖父、元歯科医。潤の父の臓器提供のことや幼い頃を家族らに明かす。

    久米明

    俳優としてだけでなく、独特の語り口で声優やナレーターとしても知られる。

  • Hisashi Furota

    潤の叔父、歯科医。臓器提供者となった兄の代わりに、風呂田家の歯科医を継ぐ。引きこもりがちの潤や、潤の母、美枝子を影ながら支えている。

    オダギリジョー

    「‪アカルイミライ‬」で初主演。近年の公開に「オーバー・フェンス」「湯を沸かすほどの熱い愛」「続・深夜食堂」「南瓜とマヨネーズ」など。

  • Nana Furuse

    潤を慕う後輩、女子高生。引きこもる潤のことを気にかけて、メールをしたり自宅に様子を見に来る。

    栗林藍季

    新潟県出身16歳。美少女図鑑への出演をきっかけに活動を開始。「ゆうちょ銀行」CM出演。本作が映画デビュー。

  • Takata

    潤が通っている予備校の講師。双子担任として鶴田と行動をともにする。

    玉田真也

    劇団「玉田企画」で脚本と演出を担当。下北沢ダイハード エピソード0『記憶をなくした男』、シェアハウス(内田英治監督)などに脚本提供。

  • Tsuruta

    予備校講師。潤の母に頼まれ高田とともに潤の自宅へ今後のことで話をしに行く。

    木下崇祥

    劇団「玉田企画」の俳優として活躍。玉田企画「今がオールタイムベスト」などに出演。

  • Ryota Ochiai

    潤のネットゲーム仲間。潤とオンライン通話しながらゲームをしている。

    岡山天音

    2009年NHK「中学生日記」で俳優デビュー。今年は主演映画や朝ドラ「ひよっこ」など、活躍が広がっている。

  • Rei Ito

    潤のいとこ。ませた性格で、潤が戸惑うようなアドバイスを送る。

    本間大貴

    2010年より5歳から活動。2015年おむつなし育児研究所「はやね はやおき うんちよし!」。2017年「セメダイン」CMOA中。

スタッフ STAFF

監督・脚本 中村佳代

映画監督・映像ディレクター。群馬県桐生市生まれ。映画、CM、MV、映像の幅広い分野で活躍している。映画「東京オアシス(トウコとナガノのはなし)」「ひもかわラプソディ(KIRINJI)」「はやね はやおき うんちよし(MOROHA)」。CM「docomo広末登場(カジヒデキ)」「チオビタ(くるり)」「駅すぱあと 新気流に乗って(爆弾ジョニー)」「LAWSON ロールケーキ(曽我部恵一)」。MV「パンチドランク・ラブソング(サニーデイ・サービス)」「Tシャツ(サニーデイ・サービス)」「カンフーダンス(かせきさいだぁ)」「永い夜(曽我部恵一BAND)」「忘れらんねえよ(忘れらんねえよ)」

コメントを見る

カメラマン 浅田政志

1979年三重県生まれ。日本写真映像専門学校研究科卒業。在学中より自らの家族を被写体に「浅田家」シリーズの撮影をはじめ、その後スタジオアシスタントを経て写真家として独立。写真集『浅田家』(2008年赤々舎)で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。
著書には『NEW LIFE』(赤々舎)、『家族新聞』(幻冬舎刊)など多数。
写真を次世代に残す取り組みにも力を入れており、東日本大震災の被災地域へボランティア活動のために向かった際に、津波で泥だらけになった写真やアルバムを洗浄する人々に出会い、自らも洗浄や返却に参加する傍ら2年に渡って活動を記録した、『アルバムのチカラ』(2015年、赤々舎 文:藤本智士)を刊行した。
現在、青森県、秋田県、熊本県、愛媛県・南予地方、三重県、鳥取市、大津市、延岡市などの日本各地で地域活性化アートプロジェクトにて写真や映像作品の制作に携わっている。 http://www.asadamasashi.com

コメントを見る

主題歌
 MUSIC

主題歌「なんかさ」/ never young beach

ネバーヤングビーチ

2014年春に、安部と松島の宅録ユニットとして活動開始。2014年9月に阿南、巽、鈴木が加入し、現体制の5人組になる。2015年5月に1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』をリリースしロングセラーとなり2015年の<CDショップ大賞>ノミネート作品に選ばれる。7月末にFUJI ROCK FESTIVAL'15に出演。2016年6月に2ndアルバム『fam fam』をリリースし、2017年<CDショップ大賞>のノミネート作品に2作連続で選出、入賞と関東ブロック賞を受賞。2017年7月19日(水)にメジャーデビュー作となる3rdアルバム『A GOOD TIME』をビクターのスピードスターレコーズから発売、9月からは全国ワンマンツアー『A GOOD TIME』TOURを赤坂BLITZほか全国11都市で開催し全公演SOLD OUTとなる。
HP:http://neveryoungbeach.jp/

特別上映会にご招待!@ヒューマントラストシネマ渋谷
応募はこちら