グリーンリボンキャンペーンとは…

変更日:2015/08/17

心臓移植をテーマにした市民公開講座が開講されました

もし、家族や友人が心臓の重い病気だったら、私たちはどうしたらその大切な人を守ることができるのでしょうか。


7月25日(土)、横浜のはまぎんホールで、補助人工心臓と心臓移植をテーマにした市民公開講座が開講され、その様子が8月15日の読売新聞夕刊に15段で掲載されました。


講座では患者さん自身の言葉で補助人工心臓をつけての生活や、心臓移植を受けるまでの生活のこと、ドナーの方に対する深い感謝の気持ちなどを壇上で語っていました。また、患者さんのお話だけでなく、医師の先生方の専門的な解説も合わせて聞くことができ、これまで以上に心臓の病気にまつわる治療や現状を理解することができる講座でした。


より多くの人が移植医療に興味を持ち、考え、それが臓器提供の意思表示にまでつながるよう、グリーンリボンキャンペーンを通して伝えていきたいと思います。

img01-1.jpg

img02.jpg

採録PDFデータ:心臓移植市民公開講座.jpg